株式投資 窓開けチャート【銘柄】情報

株式投資

こんにちは! Kidoです。

株式投資において、テクニカルチャートの見方は様々ですね。

その中でも【窓開けチャート】はかなり有力なテクニカル指標です。

どのような特徴があるかと言うと……

 

○窓を開けて上昇したチャートは、いずれ窓を埋めにくるという原理があります。

 

この原理を利用すると、窓を開けたラインで指値注文を入れて買う目安になりますし、空売りの場合だと、下落時、この窓開けラインまで下落するだろうという目安になります。

 

ですから、この窓開けチャートを形成した銘柄をお気に入りリストに登録しておけば、チャンスを掴みやすくなるメリットがあるのです。

私も実際、窓開けチャートはお気に入りに登録していますよ♪

 

そこで、このテーマでは、窓開けチャート【銘柄】の情報を随時発信・更新して、皆様の株式投資の手助けになればと考えています。

 

<要点>

・連続して窓開け上昇するチャートは、反発する窓を特定しにくい。
・基本的に日足チャートでの窓をみている。
・高確率での反発(一時的な反発を含む)は期待できるが、100%反発ではない。
・その日の地合い等により、完全に窓を埋めない時もある。
・窓埋めのタイミングは即日の場合もあれば、1ヶ月後の場合もあり、不明である。
・移動平均線での反発等、他にもテクニカル的な反発材料があるため総合的に考察する必要がある。
・個人的に反発の期待できる銘柄をピックアップしていますが、あくまで投資は個々の責任においてお願い致します。

 

以上のような個人的注意点はありますが、この窓開けチャートは利益を得るチャンスには間違いない材料です。是非、紹介する窓開けチャート銘柄をお気に入りに追加してもらい有効な投資判断材料にして頂ければと思います。

 

では、紹介していきましょう♪↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

窓開けチャート銘柄

更新日時:R3年4月4日 21:40

 

○日本マイクロニクス【6871

日本マイクロニクス 株価 チャート

※1800円と1564円に窓開けあり! 電気機器銘柄。テクニカル的に上値を狙う機会がやってきた。このまま上にいってしまうか、短期調整で窓埋めにいくかである。窓を埋めた際は是非拾ってみたい銘柄。

 

 

○大泉製作所【6618

大泉製作所 株価 チャート

※772円に窓開けあり! 電気機器メーカー。業務提携の開示情報等で一時急騰。しかし、業績などから見ても早々に窓埋めに行くとみている。空売りも考慮しつつ、窓埋めで反発も狙いたい。

 

 

○ライト工業【1926

ライト工業 株価 チャート

※1820円と1655円に窓開けあり! 建設業(地盤改良など特殊土木に強み)。連続で最高益更新で株価も上昇中。調整する場面があれば順次窓埋めからの反発を狙いたい。

 

 

○重松製作所【7980

重松製作所 株価 チャート

※970円付近に窓開けあり! 防毒・防塵マスク。コロナ特需銘柄。一度急騰してから長期間調整が続いている。決して割高の価格帯ではないため、この窓埋めが最後の底値となる可能性も十分ある。是非、窓埋めの際は拾っておこう!

 

 

○GMB【7214】

GMB 株価 チャート

※854円に窓開けあり! 自動車部品メーカー。赤字が続いている企業で、中・長期での投資には疑問であるが、短期的には反発の余地はあるとみる。よって、この銘柄はデイトレードに活用して頂ければと思う。

 

 

○東京製綱【5981】

東京製綱 株価 チャート

1380円の窓埋め完了、1155円、818円にも窓開けあり! 金属製品銘柄。米国企業への製品採用などから盛り上がる。前回の窓埋めで反発は皆無であったが、順次拾ってみて反発を確かめたい。

 

 

○そーせいグループ【4565】

そーせいグループ 株価 チャート

1780円の窓埋め完了! 1560円にも窓開けあり! 医薬品、創薬ベンチャー。5年前の急騰から長期的な調整が続いたが、これも最近の月足をみても業績を見ても底値は脱したといえる。これから再び上昇を目指すとみて、この窓埋めをすることがあれば是非拾っておきたい銘柄。

 

 

○ドーン【2303】

ドーン 株価 チャート

※2710円に窓開けあり! 地理情報システム、情報・通信業。官公庁に採用等で業績好調の銘柄である。もし、窓埋めすることがあれば拾っておきたい銘柄。

 

 

○クリヤマホールディングス【3355】

クリヤマホールディングス 株価 チャート

※586円に窓開けあり! 合成樹脂、建設資材等の卸売業。コロナの打撃を受けるも、そこそこの業績で踏ん張っている。個人的に仕込みは終わっている銘柄であるが、この窓はテクニカル的に底値ラインとみて、埋めることがあれば拾ってみたい銘柄である。

 

その他、株式投資に関する記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました